オンライン・クローゼットアプリ「XZ(クローゼット)」を運営する株式会社STANDING OVATIONは、メガネのリーディングカンパニーである株式会社ジンズホールディングスと総合リユース大手の株式会社トレジャー・ファクトリーからの増資およびWebメディア「lamire(ラミレ)」の事業譲渡により、2億円規模の資金調達を実施した。

今回の資金調達により、開発体制のチームビルディングを強化し、機械学習によるAIコーデ提案精度の向上、B2B向けのSaaSエンジンの開発、クローゼット分析・診断から断捨離・リユースへ繋げる買取サービスの開発などを予定しているという。


XZのAIエンジンをECとリアル店舗で活用し、BtoB向けの【OMO】を実現

持ち歩くデジタルクローゼットが架け橋となり、オンライン(EC)とオフライン(店舗)の垣根を超えた融合 (OMO)サービスを展開し、手持ち服+新品の着回しコーデをAIスタイリストが提案。賢いショッピング体験(コーデ・コマース)を提供していく。

そして、世界にひとつのオンライン・クローゼットを形成し、<購入→有効活用→リユース>というファッションにおける【サステナブルなエコシステム】を実現し、スマホでクローゼットを持ち歩くライフスタイル・文化を創るという。

※OMO:Online Merges with Offline


「XZ(クローゼット)」

AIが手持ち服から自動でコーディネート提案してくれるオンライン・クローゼットのアプリ。110万ダウンロードを突破し、男女70万人が自身のクローゼットを見える化・デジタル化。今日明日の服装を決める際やショッピング時に、いつでもどこでもクローゼットを持ち歩けることが支持され、【オンライン・クローゼット】プラットフォームとして、1,700万点の手持ち服データが登録され、XZならではの”世界最大級”のクローゼット・ビッグデータを蓄積している。


※関連リンク:プレスリリース

(eiicon編集部)