eiicon

日本のテクノロジー企業、成長率トップ50を発表――有限責任監査法人トーマツ 26~50位にランクインした企業の傾向と特徴

 ベンチャー支援などを行う有限責任監査法人トーマツはこのほど、国内のテクノロジー企業の成長率「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 日本テクノロジー Fast50」を発表した。同ランキングはテクノロジー・メディア・テレコミュニケーション(通信)業界の企業を対象に、過去3決算期の収益(売上高)に基づき決定される。企業規模や設立年を問わない。2016年で14回目。 本日の記事では26~50位の傾向と特徴を見ていく。まず、成長率は26~29位までが100%以上となっている。業界別には、メディア、ソフトウェア、通信が中心だが、リニカル(大阪)、WASHハウス(宮崎)、ホープ(福岡)、エイチーム(愛知)など、地方に本社を持つ企業が見られたのが特徴の一つと言える(25位以上は東京の企業のみ)。事業内容も個性的で、コインランドリーをIoT化したWASHハウスが際立っていた。大規模企業のランクインも多く、8社32%が東証一部上場企業だった。 このほか、26位のクリエイターズマッチ、29位のマーケットエンタープライズ、36位のエクストリーム、39位のINCLUSIVEなどは、大手との協業やM&Aなどで事業の成長を推進している。ランキング企業は以下の通り。  


【ランキング企業】 ※数字は成長率

■26位 株式会社クリエイターズマッチ 
クリエイターのマッチングサイト インターネット広告制作のプロットフォームの展開、クリエイターと企業とのマッチング 大手メディア、広告会社などと連携 115.57% 東京都渋谷区広尾5-23-6 長谷部第10ビル 4F https://c-m.co.jp/

■27位 株式会社フィックスターズ(東証マザーズ上場)
 マルチコアプロセッサなどによる高速化ソリューションの提供 107.60% 東京都品川区大崎1-11-1 ゲートシティ大崎ウエストタワー18階 http://www.fixstars.com/ja/

■28位 株式会社リニカル(東証一部上場)
 CRO(臨床試験受託)が主力。製薬会社から新薬開発業務を受託、グローバルに展開 106.00% 大阪市淀川区宮原一丁目6番1号 新大阪ブリックビル10階 http://www.linical.co.jp/

■29位 株式会社マーケットエンタープライズ(東証マザーズ上場) 
ネット型リユース業、Webサイト「高く売れるドットコム」など展開。 大手などと協業・提携進める 104.86% 東京都中央区京橋3-6-18 東京建物京橋ビル3F https://www.marketenterprise.co.jp/

■30位 株式会社アイスタイル(東証一部上場) 
美容系総合ポータルサイト@cosme(アットコスメ)の企画・運営、関連広告サービスの提供 99.99% 東京都港区赤坂一丁目 12 番 32 号 アーク森ビル 34 階 http://www.istyle.co.jp/

■31位 WASHハウス株式会社 
IoT活用の遠隔監視によりクリーン運営・管理されるコインランドリーの展開 システムを用いてサービスを提供する会社が原点。コインランドリーという古くからあるビジネスに新たな価値を創造。 94.93% 宮崎県宮崎市新栄町86番地1 http://www.wash-house.jp/

■32位 ソーシャルワイヤー株式会社(東証マザーズ上場) プレスリリースの配信代行とレンタルオフィスが中心。アジア戦略を重視。 93.17% 東京都新宿区新宿2-3-10 新宿御苑ビル http://www.socialwire.net/

■33位 株式会社ホープ(東証マザーズ上場)
 自治体広告やエリア限定の広告に特化。アプリ「マチイロ」の運営、地域と行政をつなぐ総合サービス 90.87% 福岡市中央区薬院1-14-5 MG薬院ビル7F http://www.zaigenkakuho.com/

■34位 株式会社U-NEXT(東証一部上場) 
コンテンツプラットフォーム事業:映像配信サービス「U-NEXT」の企画開発・運用・マーケティング、コミュニケーションネットワーク事業など 代表は元USENの宇野氏 89.77% 東京都渋谷区神宮前3-35-2 http://unext.co.jp/

■35位 ナイル株式会社
アプリ発見サービス「Appliv」の運営および Webコンサルティング事業(SEOコンサルティング、サイト改善コンサルティング)など 85.40% 東京都品川区東五反田1-24-2 東五反田1丁目ビル7F http://nyle.co.jp/

■36位 株式会社エクストリーム(東証マザーズ上場) 
タレント性のあるクリエイターとエンジニアのプロダクションカンパニー。自社でゲーム開発。M&Aで非ゲームへ傾斜 広告配信会社などをM&A 80.36% 東京都豊島区西池袋1-11-1 メトロポリタンプラザビル21階 http://www.e-xtreme.co.jp/

■37位 スローガン株式会社 
コンサルティング、人材採用など人材採用支援、HR Tech、VC投資など 80.03% 東京都港区南青山2-11-17 第一法規本社ビル 3階 http://www.slogan.jp/

■38位 株式会社VOYAGE GROUP(東証一部上場) 
アドテクノロジー事業、メディア事業など 79.86% 東京都渋谷区神泉町8-16 渋谷ファーストプレイス1F・6F・7F・8F http://voyagegroup.com/

■39位 INCLUSIVE株式会社 
ウェブメディアの収益化企画・営業支援、オウンドメディアの構築・運用支援、プロモーションプランニング&メディアバイイング、自社メディアの開発・運営 大手出版社、テレビ局、メーカー等と協業 78.42% 東京都港区南青山5-10-2 第2九曜ビル3F https://inclusive.co.jp/

■40位 ピクスタ株式会社(東証マザーズ上場)
 写真・イラスト・動画素材のマーケットプレイス「PIXTA(ピクスタ)」の運営など アジアに進出、中国企業と提携 77.45% 東京都渋谷区渋谷3-11-11 IVYイーストビル9F https://pixta.co.jp/

■41位 シルバーエッグ・テクノロジー株式会社(東証マザーズ上場) 
AI技術をベースにしたWebマーケティングサービスの開発・提供 CVCなどから資金調達の実績 69.33% 大阪府吹田市江坂町一丁目23番43号 http://www.silveregg.co.jp/

■42位 株式会社RS Technologies(東証一部上場) 
電子材料、電子機器部品、通信機器部品材料の製造、加工、再生、販売 太陽光発電事業。半導体材料・パーツの販売。半導体シリコンウェーハ製造の技術コンサルティングなど 59.57% 東京都品川区大井1-47-1 NTビル 12F http://www.rs-tec.jp/

■43位 GMOメディア株式会社(東証マザーズ上場) 
若年女性向けスマホサービス及びECメディアの企画・開発・運営。自社企画・開発に強み 56.56% 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー9階 https://www.gmo.media/

■44位 株式会社ハーツユナイテッドグループ(東証一部上場) 
ゲームなどソフトウェアの不具合を検出・報告するデバッグサービスなど 48.07% 東京都港区六本木六丁目10番1号 六本木ヒルズ森タワー34階 http://www.heartsunitedgroup.co.jp/

■45 株式会社エイチーム(東証一部上場) 
スマートフォンアプリやソーシャルアプリ、PC向け比較サイト、予約サイトの企画・開発・運営 44.03% 愛知県名古屋市中村区名駅三丁目28番12号 大名古屋ビルヂング 32F http://www.a-tm.co.jp/

■46位 株式会社ベガコーポレーション(東証マザーズ上場)
 家具・インテリアのネット通販。低価格帯の自主企画商品が中心。顧客の多くは20~30代女性 42.89% 福岡県福岡市博多区祇園町7-20 博多祇園センタープレイス4階 http://www.vega-c.com/

■47位 株式会社ネットプロテクションズ 
後払い決済サービスの運営、FinTechサービスの開発 国内独立系PEファンドによる資本参加なども行う。 41.21% 東京都中央区銀座1-10-6 銀座ファーストビル4階 http://corp.netprotections.com/

■48位 株式会社エル・ティー・エス 
企業変革の推進、及び定着の支援、具体的にはCRM改革、業務改革、ITプロジェクト支援など 37.18% 東京都新宿区新宿2-8-6 KDX新宿286ビル 2F(受付)・3F https://lt-s.jp/

■49位 株式会社オロ 
クラウド ERP、 PSAの開発・提供、デジタルを中心としたマーケティング支援など 35.50% 東京都目黒区目黒3-9-1 目黒須田ビル https://www.oro.com/

■50位 株式会社ブレインパッド(東証一部上場) ビジネス創造と経営改善ビッグデータ活用サービス、デジタルマーケティングサービスなど 9年連続で「日本テクノロジー Fast50」、大手にサービス提供多数、IoTも推進 30.29% 東京都港区白金台3-2-10 白金台ビル http://www.brainpad.co.jp/  


■総括

非常に多彩な企業がランク入りしていた。1~25位の企業の多くが他と協業しているのに対し(後述)、独自の自社サービスの展開が目立っているように感じられる。その意味で、成長の仕方やビジネスの切り口は、まだまだ多様に存在していると言うことができるだろう。FintechやAI、ビッグデータ、IoTなど最新のテクノロジーをビジネスの創造に活用し、成果を上げている。
しかしながら、他社と協業する動きもやはり少なくない。特に設立年数の浅い未上場企業が飛躍を目指す場合、他社との協業は重要だ。26位のクリエイターズマッチは大手と提携し、業績を伸ばしている。CVCから出資を受けた企業が大きく成長し、ランクインしているケースもあった。
41位のシルバーエッグ・テクノロジーがそうである。その意味で、オープンイノベーションは成果を上げており、これからのビジネスの重要なキーワードの一つであることは言うまでもない。 なお、事業をソフト系、ハード(ものづくり)系に大別すると、純粋にハード系と言えるのは、RS Technologiesのみとなっている。新しい物(具体的な製品)を生み出し、成長させることの難しさを改めて思わせる結果になった。ハード系の分野にこそ、オープンイノベーションが求められているのかもしれない。
 (文:中谷藤士) ※明日公開記事で、1位〜25位のランキングをご紹介します。