XTech(クロステック )株式会社の子会社であるRadiotalk株式会社は、株式会社MBSメディアホールディングスの100%子会社である株式会社MBSイノベーションドライブから約1億円の資金調達を実施し、資本・業務提携をしたことを発表した。

(写真左から:XTech代表 西條氏、Radiotalk代表 井上氏、MBSイノベーションドライブ代表 日笠氏、毎日放送 髙本氏)


資金調達の背景・目的

Radiotalkのプロダクト開発の体制およびコンテンツ制作の強化を目的とし、MBSイノベーションドライブから資金調達を実施した。MBSイノベーションドライブは、MBSメディアホールディングスにおける新規事業創出支援、新規事業に向けての提携・投資活動における戦略的子会社。放送事業を通じて培った知見を礎とし、若者を中心にテレビ・ラジオの視聴習慣が変化し、インターネット広告も急成長するなど、放送事業の経営環境が大きく変化していることに対応し、業容の拡大を推進することに注力している。


今後の展開

今回の資本・業務提携により、MBSメディアホールディングスが日本で最初の民間放送としてスタートしたMBSラジオなどを通じて培った音声コンテンツ制作のノウハウをRadiotalkに活かすなど、音声配信メディアとしての新たな可能性を追求する。

今後、Radiotalkの豊富なコンテンツによって聴き手を増やすことにより、著名な配信者を輩出する仕組みを構築し、音声コンテンツ市場への新たな価値の創出と更なる活性化を目指すという。


本件に関するインタビュー音声

本件について、毎日放送の上泉 雄一アナウンサーによるインタビューをRadiotalkで公開。インタビューの詳細は、以下のページより。

https://radiotalk.jp/talk/144280


Radiotalkについて

XTechは、エキサイト株式会社からのRadiotalk事業の譲渡に伴い、2019年3月にRadiotalk社を子会社として設立した。Radiotalkは、誰でも今すぐ1タップで始められる無料の音声配信サービス。リスナーは気軽に好みの番組を探すことができ、また配信者は自分の考えや想いを自由に話すことでファンを創出できる世界を目指しているという。


各社のコメント

■Radiotalk代表 井上 佳央里氏

2018年4月に製品版サービスを公開し、わずか1年間でアクティブユーザー数は10倍以上にまで伸び、その大半がラジオを聴く習慣がない10~20代です。このスマホネイティブ世代といわれる10〜20代のユーザーにとって、Radiotalkを通じて話す・聴くことは、SNSに投稿することと同じように習慣化したエンターテイメントになっています。

今後、MBSメディアホールディングスとの取り組みにより、放送業界が半世紀以上かけて築き上げたすばらしい音声コンテンツ制作力とチャネルを活用しながら、独自の技術を取り入れ新しい価値を生み出してまいります。話す喜びと聴く楽しさをこれまで以上に多くの人に提供し、事業を拡大してまいります。


■XTech代表 兼 Radiotalk取締役 西條 晋一氏

Bluetoothイヤホンやスマートスピーカーの普及によって、移動中・作業中などの耳の可処分時間が増えており、「耳活」市場の拡大が予想されます。RadiotalkはXTechグループとMBSメディアホールディングスの共創で無料の音声配信プラットフォームのリーディングカンパニーを目指します。


■MBSイノベーションドライブ 代表 日笠 賢治氏

かつてラジオは若者のメディアでありました。その後テレビや音楽シーンで大活躍するスーパースターは皆、ラジオからそのキャリアをはじめました。そしてその世界にとんでもない革新をもたらすことになったのです。ラジオは常にイノベーションのための孵化器でありました。今「Radiotalk」という新しい器が生まれつつあります。きっとラジオに続き、新しいスタイルのスターを生み出すことでしょう。私たちは日本で最初の民間ラジオ放送を祖業とする古い会社ですが、いまこの革新者のパートナーになれたことを光栄に思っています。


※関連リンク:プレスリリース 

(eiicon編集部)