東大発のスタートアップで、空飛ぶ車の開発を行っているテトラ・アビエーション株式会社(以下、テトラ・アビエーション)は、第三者割当増資により約5,000万円の資金調達を実施したと発表した。テトラ・アビエーションへの出資には、Drone Fundをはじめ、Incubate Fund、TomyK などが名を連ねている。


■資金調達の背景

テトラ・アビエーションは、一人乗りの空飛ぶ車を開発するプロジェクト「teTra」のチームを運営するために創業した東大発のベンチャーだ。同社は、米ボーイング社が主催する空飛ぶ車のコンテスト「GoFly(※1)」において、2018年6月の第1ステージで、世界TOP10のチームに輝き、賞金約200万円を獲得した。

現在は、2020年第1四半期開催予定の最終ステージである飛行審査に向け、1/1サイズの試作機の製作を進めている。最終ステージでは、マンションやビル相当の高さを飛行、審査では実際の飛行や機体の完成度のみならず、ビジネス面も評価される予定だ。

今回の資金調達により開発体制を強化し、来年の飛行審査への準備を整える。コンテスト終了後は、テトラ・アビエーションが開発を引き継ぎ、5年をめどに誰もがどこででも利用できる「空飛ぶ車」の普及を目指すという。

同社では、学生や元大手重工メーカーの社会人を中心としたコアメンバーが10人程度、加えて20人以上の協力メンバーが開発に携わっている。メンバーは、素材、航空力学、航空機エンジン、デザイン、ソフトウェア等の一流の専門家が集まって構成。まさにオープンイノベーション型の異能集団だという。

※1:「GoFly」コンテスト公式サイト https://goflyprize.com/


■出資者からのコメント

<Drone Fund 千葉功太郎氏>

Drone Fundでは、「ドローン前提社会」や「エアモビリティ社会」の実現を目指し、空飛ぶ車の研究開発チームや海外投資にも力を入れてきました。その中でも、テトラ・アビエーションが運営を行うProject teTraは、有志のチームにもかかわらず、個人用飛行装置の国際コンテストであるGoFlyにおいて、日本で唯一トップ10入りし、現在はフェーズ3へ進出している実力のあるチームです。今回、その実績と今後のエアモビリティの将来性に期待し、出資させていただきましたことを非常に嬉しく思います。共にドローン・エアモビリティ社会の実現を目指し、突き進んでいきましょう。


<Incubate Fund 本間真彦氏>

インキュベイトファンドでは、新しいテクノロジーを活用し、既存のレガシー産業を代替するポテンシャルを持つ様々なスタートアップに投資をしています。今回投資させて頂いたテトラ・アビエーションは、まさに新しいモビリティの時代を作り上げて行く先であると考えています。代表の中井さんは誰もがどこででも利用できる、エア・モビリティの時代へ人類を一歩前進させる事ができると信じています。


<TomyK 代表 鎌田富久氏>

誰もが自由に空を使ってスマートに移動できる、そんな便利な未来の実現をめざすテトラ・アビエーション。人口減少でモビリティに課題を抱える日本に必要なイノベーションであり、世界の空を活用する新たな産業を創る。テック系スタートアップを数多く支援するTomyKは、テトラのビジョン実現に向けて、支援して行きます。


なお、同社はローンチカスタマーや物流・リース等に関するパートナー企業を随時募集しているという。


※関連リンク:プレスリリース

(eiicon編集部)