東日本旅客鉄道株式会社 シンガポール事務所(以下、JR東日本)は、2019年8月26日(月)に企業向けの交流プラットフォームとしてのコワーキングスペース「One&Co」を、シンガポールに開設することを発表した。

新しく誕生する「One&Co」では、アジアビジネスの成長や新市場創出を加速するイノベーションプログラムを、ローカルパートナー(シンガポール政府機関、コーポレート、スタートアップ等)と連携しながら定期・不定期に開催することでイノベーションを加速する。また、様々な企業や団体が「One&Co」のアクセラレーションパートナーとしての取り組みを開始。各社が持つスペースや会員、関連イベントなどでも相互交流を活性化させ、新たな繋がりと可能性の広がりも支援する。


コワーキングスペース「One&Co」について

「One&Co」では、「Platform for Innovative Businesses」をコンセプトに、日本企業の海外進出やシンガポールをはじめとしたアジア諸国の日本進出を応援していく。また、スタートアップ企業と大手企業のマッチング機会や、利用者間のコミュニティ形成を促し、その出会いによりビジネス・イノベーションを創発する場となることを目指していくという。


主なアクセラレーションパートナー

JR東日本スタートアップ株式会社

シンガポ―ルをはじめとするASEAN各国からのJR東日本スタートアッププログラムへの参画サポートや日本のスタートアップのASEAN展開のサポートを通じOne&Coと連携。


大阪イノベーションハブ

「OIHグローバルゲートウェイ」の取り組みの一環で国際的ビジネスにチャレンジする企業を応援するためのビジネス拠点として、イベントの共同企画やOIH企業のシンガポ―ル進出支援を行う。


ADDReC株式会社

NUS Enterpriseと新規事業開発や統合デザインの分野で提携。また、大阪イノベーションハブなど、多様なイノベーションパートナーとの連携をコーディネートしつつ、One&Co利用者と共にアイデアの種からものごとをスタートから現実になるまでを統合的にデザインするデザインファーム。


ICMG Pte Ltd

多様なローカルパートナー(A*STAR, Enterprise Singapore, NUS, UNDP  等)との共創型プログラムをOne&Co利用者に提供すると共に、イノベーションエリアBlk71のコワーキングスペースICMG Future Centerともメンバー相互利用を開始。


運営会社(株式会社CO&CO)について

「共育・共創・共生で世界をひとつに」をミッションとし、コワーキングとコラーニング、それぞれから生まれる多様なコミュニティが混じり還流を繰り返すことで、様々なイノベーションを誘発するプラットフォームを提供している。国籍も年齢も分け隔てなく、多様な個性と個性が共に学び、共に創り、共に生きる社会を創出することを目的に、人材事業、メディア事業、e-learning事業など多岐にわたる事業を創り続けている。今年3月、札幌•京都に続き、海外展開の戦略拠点として、シンガポールに現地法人「CO&CO SG Pte. Ltd.」を設立。


※関連リンク:プレスリリース

(eiicon編集部)