横浜市が主催する産学官金連携プラットフォーム「LIP.横浜」が、来る11月8日(金)に「LIP.横浜オープンイノベーションカンファレンスⅤ」と題したマッチングイベントを開催すると発表した。イベントには、ライフサイエンス産業に取り組む大手企業が登壇。その戦略やニーズを紹介する。中小・ベンチャー企業やアカデミアとのマッチングにつながるオープンな場を提供し、新たなイノベーションの創出を加速させる狙いだ。イベント開催に向け、現在、中小・ベンチャー企業、大手企業、アカデミアなど、広く参加者を募集しているという。


イベントの概要

■日 時:令和元年11月8日(金)13:30~17:00 (13:00受付開始)

       ◎定員に達した時点で締切

■会 場:横浜シンポジア(横浜市中区山下町2番地産業貿易センタービル9階)

       アクセス:みなとみらい線「日本大通り駅」3番出口より徒歩5分

■テーマ:クロスイノベーション(異分野融合)が創るライフサイエンス産業の未来

        - 技術革新や新たなアライアンスの創出を目指して -

■主 催:公益財団法人木原記念横浜生命科学振興財団

■共 催:横浜市経済局

■プログラム

13:30~開会

    第一部 基調講演

    内閣府 政策統括官 (科学技術・イノベーション担当)付 イノベーション創出環境担当

    企画官 石井 芳明氏

    「オープンイノベーションの推進による新しい価値の創造」

14:10~第二部 大手企業のニーズ・オープンイノベーション戦略等の発表

    【参加予定企業】

    出光興産(株)(出光昭和シェル)、コニカミノルタ(株)、デンカ(株)、凸版印刷(株)、

    日産化学(株)、日本板硝子(株)、(株)日本触媒、日本精工(株)、日立化成(株)、

    日立造船(株)(50音順)

    ※発表企業については、今後変更の可能性あり

    ※発表順は調整中

15:10~第三部

    大手企業(約10社)、中小・ベンチャー企業(約20社)、アカデミア(約5機関)のポスター発表

◎イベント詳細、および参加申し込みについてはこちらを参照


※関連リンク:プレスリリース

(eiicon編集部)