ドローンや衛星画像を活用した、IoT時代に適した産業用リモートセンシングサービスを提供する株式会社スカイマティクスは、株式会社博報堂DYベンチャーズが運用するファンド「HAKUHODO DY FUTURE DESIGN FUND」を引受先とする第三者割当増資を実施した。これにより今回のシリーズの資金調達額は、10/1発表の資金調達(※)と合わせて総額約10億円となる。

スカイマティクスは、引き続き出資企業・ファンドと連携し、農業業界向け葉色解析サービス「いろは」、測量・点検業界向けドローン計測サービス「くみき」を中心としたクラウドサービスの製品開発体制と販売体制を更に強化。これにより、あらゆる産業において、当たり前に利用できるリモートセンシングサービスの実用化と普及を目指していくという。

※2019年10月1日配信プレスリリース 「株式会社スカイマティクス マネジメント・バイアウト(MBO)と総額約9億円の第三者割当増資を実施」


【HAKUHODO DY FUTURE DESIGN FUNDとは】

革新的なテクノロジー/サービスを創出し、社会への新たな価値創造に挑戦しているベンチャー企業との連携を強化し、イノベーションを加速するために組成したファンド。ベンチャー企業と博報堂DYグループの強みを掛け合わせ、「生活者の目線から発想して、よりよい未来をデザインしていく」ことに取り組んでいる。


※関連リンク:プレスリリース

(eiicon編集部)