WHILL株式会社は、2019年12月までに、国内外の5つの空港で、自動運転パーソナルモビリティである「WHILL自動運転システム」の実証実験を実施した。2020年度以降、順次実用化を目指すという。

「WHILL自動運転システム」は、WHILL株式会社が独自に開発した自動運転・衝突回避機能などを備えたパーソナルモビリティで、長距離の歩行を困難と感じる高齢者・障害者の移動シーンをスマートにする、これまでのMaaSになかった、歩道領域における自動運転システム。

2019年1月に世界最大級の家電・エレクトロニクス技術展示会「Consumer Electronics Show(「CES」) 2019」でプロトタイプを発表後、5月にアムステルダム・スキポール空港(オランダ)を皮切りに、11月に羽田空港およびダラス・フォートワース国際空港(アメリカ)、12月にアブダビ国際空港(アラブ首長国連合)およびウィニペグ国際空港(カナダ)で実証実験を行ってきた。

いずれの空港での実証実験でも、ユーザビリティや機能について、関係者や乗客から高い評価を受けた。有人での実証実験には、述べ100名以上の乗客が実際にWHILL自動運転システムを利用した移動を体験したという。


▲ダラス空港での実証実験

▲アブダビ国際空港での実証実験の様子

▲ウィニペグ国際空港での実証の様子


空港利用者からの主なコメント

・簡単に操作ができる。旅行はしたいが長い距離を歩くのが大変なのでうれしい。(70代女性)

・普段は車椅子を利用していないが、少し膝が痛いのでありがたい。高齢者の旅行者も増えているし、実際の導入時には利用者も増えるのでは。(70代男性)

・心臓に疾患があり、中長距離の移動はゆっくりでしか歩けないが、外見上は疾患があることがわからないため、介助サービスを受けるのは、周りから「健康なのに車椅子を使って...」と思われそうで引け目を感じていた。これなら介助する人に遠慮しなくてもよいため、またぜひ利用したい。(60代女性)


北米モデルWHILL Model CiをCES2020の会場で「ラストワンマイルモビリティ」としてレンタル

WHILL自動運転システムはCES2020にも展示予定。さらに、すでに北米で販売しているモデルWHILL Model Ciもブースで試乗できる。加えて、WHILL Model Ciは「ラストワンマイルモビリティ」としてCES会場でもレンタルが可能。長い距離を歩くのが困難な人なども気軽にレンタルができる。


※関連リンク:プレスリリース

(eiicon編集部)