ソニーは、スタートアップの立ち上げを支援するパソコン専用のWEBアプリケーション「StartDash(スタートダッシュ)」を、5月27日に公開した。起業を志す個人や新規アイデアの事業化の検討を行っている組織等は、同アプリケーションでチェックリスト形式の質問に回答(※1)していくだけで、事業計画書など起業に必要なさまざまなドキュメントを無料で作成することができる。

また、チェックリストには、スタートアップに必要な要素が網羅されており、回答を進めていくことで、事業化に向けて足りていない要素を効率的に洗い出すことができるという。

※1)入力された情報は、いかなる場合であっても利用者本人の同意なく第三者に公開されることはない。

同社は、スタートアップの創出と事業運営を支援する「Sony Startup Acceleration Program(ソニー・スタートアップ・アクセラレーション・プログラム、SSAP)」を通じて、2014年のプログラム開始からこれまでに、国内外で750件の新規事業案件を審査し、34件を育成、14の事業を立ち上げた。

さまざまな事業の立ち上げを支援する中で、多くのスタートアップがつまずくポイントがあるなど、スタートアップ共通の障壁があることがわかってきたという。

SSAPでは、それらの経験を具体的な解決策やノウハウとともに蓄積している。今回、その経験やノウハウを体系的にまとめ、新たに誰もが使いやすいWEBアプリケーションの形で提供する。同アプリケーションを使用することで、事業の立ち上げに必要な項目の整理や事業計画書などのドキュメント作成を効率的に行うことができる。本来必要とされるアイデアのブラッシュアップや事業計画の質向上に専念できるという。

ソニーは、同アプリケーションを通じて、あらゆる人に起業の機会を提供するとともに、日本のスタートアップ市場の発展、活性化に貢献していく。

詳細ページ StartDash Webサイト


■Sony Startup Acceleration Program(ソニー・スタートアップ・アクセラレーション・プログラム、SSAP)について

2014年、ソニーのスタートアップの創出と事業運営を支援する「Seed Acceleration Program(シード・アクセラレーション・プログラム/SAP)」として開始。アイデア出しから事業運営、販売、拡大に至るまで総合的に支援する仕組みを整備。これまでに国内外で750件の新規事業案件を審査し34件を育成、14の事業立ち上げを通じて培ってきた経験やノウハウを、スタートアップ支援サービスとして社外にも提供。

2018年12月より、ソニー本社オフィス内に、社外の新規事業プロジェクトが入居可能な専用スペースが設置されるなど、社外との連携を強化。2019年2月20日より、名称を「Sony Startup Acceleration Program(SSAP)」に変更。


※関連リンク:プレスリリース

(eiicon編集部)