人工知能によるプロファイリング技術(SNS上のさまざまなデータから個人の趣味・嗜好を予測・解析する技術)を基に、「企業と個人の新しい繋がりを創るプラットフォーム」を提供するAIQ(アイキュー)株式会社は、and factory株式会社をはじめとする複数の投資家及び金融機関より、創業来初となる約2億円の資金調達を実施した。

AIQは今後、ディープラーニングを主軸とする独自の人工知能の開発を更に加速し、それらを活用したサービス開発も一層強化するため、この度の資金調達を機に、エンジニアやセールスをはじめとするフロント部門の採用を拡大し、企業価値の向上を目指す。


■AIQの提供サービス

<AILINK(アイリンク)>

人工知能がInstagramアカウントをプロファイリングし、効率的に良質なフォロワーを獲得するプロファイリングAI「LiveReal」を搭載したInstagram運用支援サービス。Instagramユーザーの性別・年代ごとの属性分析のほか、ユーザーの”今”の趣味・嗜好分析まで行い、アカウントの可視化を実現。エンゲージメント率は脅威の平均30%を誇り、企業にとって価値のある親和性の高いフォロワー=企業ファンを集めることが可能になる。 https://aiqlab.com/ailink/


■and factory株式会社 代表取締役社長 小原崇幹氏のコメント

「AIQ社の強味であるAI技術を活用したSNSプロファイリング分析は、様々な領域でのビジネスポテンシャルがあると考えております。また、当社が展開している宿泊関連サービスのユーザーデータを活用した「IoT×AI」連携など、大いにシナジーがあると感じこの度の出資に至りました。今回の出資を機に、宿泊に限らず新しい価値を共創できるよう支援していきたいと考えています。」


■AIQ株式会社 代表取締役CEO 高松睦氏のコメント

「2期目を終え、主力サービスであるAILINKは導入先企業様より一定の評価をいただけるまでとなりました。今後のビジネスおよび組織の更なる拡大へ向けて、設立4年で上場を果たしたand factory社をはじめとする投資家の皆様に参画頂けることを非常に光栄に思っております。今回の資金調達によって企業理念の実現に向けて更に加速して行きたいと思います。」


※関連リンク:プレスリリース

(eiicon編集部)