AUBAに
ついて
会員登録
ログイン

INNOVATION LEAGUE SPORTS BUSINESS BUILD HOKKAIDO

スポーツとあらゆる産業の共創で、
ビジネス創出を目指すプログラム

来る2021年11月、開幕。地域から日本全土を着火させる。

  • LEVANGA
  • RED EAGLES

CONCEPT コンセプト

地場に根差したスポーツチームを根幹に据え、
地場企業や、
ビジネスに精通したメンターの協力のもと、
社会実装を目指す
「INNOVATION LEAGUE SPORTS BUSINESS BUILD」
2日間で共創ビジネスの骨格を創り、
採択された企業はインキュベーションへ。
地域から、日本へ、世界へ。
スポーツを成長産業に変える、
新たなアイデアのご応募をお待ちしております。

MERIT メリット

  • MERIT01

    地域での
    社会実装を目指し、
    地場企業を巻き込んだ
    強力な
    バックアップ体制

  • MERIT02

    各業界/ビジネスに
    精通した
    メンター陣による
    ビジネスメンタリング

  • MERIT03

    採択された
    アイデアは、
    事業検証費用を
    サポート
    (HOKKAIDOエリアで
    最大300万円)

THEME 募集テーマ

THEME 01

レバンガ北海道

Basketball

急成長マーケットにおける
先端技術導入による
ファンの活性化

世界中でもメジャースポーツの1つとして注目されるバスケットボール。日本においては2016年のBリーグ発足、まだ記憶に新しい東京オリンピックにおける日本女子バスケ銀メダル獲得、45年ぶりのオリンピック出場を果たした男子の鮮烈な活躍。今後ますます国内における成長が見込まれるこのマーケットにおいて、新規のファンの獲得・既存ファンをさらに熱狂させる「仕掛け」はまさにいま至上命題となっている。全国の企業と描く共創でチーム・さらには日本バスケットボールマーケット全体を拡大していく。

募集テーマ

  • テクノロジーを活用した
    「来場」体験価値の向上

    選手と来場者のコミュニケーション機会創出や、試合前後・ハーフタイムの演出、会場づくりなど、「バスケットボールを観戦する」という楽しみを拡張させるソリューション
    既存のファンが家族や友人など新規のファンをスタジアムに連れてきたくなるようなコンテンツ
    臨場感あるバスケットボールの試合を座席に係らず、好みのアングル・シーンへのフォーカスを楽しめるソリューション
  • アリーナ外で楽しむ新たな
    観戦体験・機会の創出

    アリーナ外観戦者も来場者同様の臨場感でゲームを体験できるソリューション
    来場者⇔自宅観戦者、双方向のコミュニケーションの活性化に寄与するソリューション

Teamの強み・特徴

  • 北海道唯一のB1リーグ所属チームとして、
    リーグ開幕当初から参画し、
    創設10周年を
    迎えた地元に根付いたクラブ
  • 常にリーグ上位の観客動員数を誇り、30、40代女性ファンも多い。
  • eスポーツチーム運営/バーチャルフリースロー企画など、
    デジタルを取り入れた活動に前向きに取り組むチーム

背景・課題

・新型コロナウィルス拡大の中、「試合を見て頂く」ために上記のような2軸での新規取り組みが必須な状況。「観戦」の形態の変化を捉え、よりお客様に楽しさ・ワクワクを届けるために新たな取り組みを前向きに推進していくチーム
・今シーズンはスローガンに“CRAZY”を掲げ、目的達成に向けてひた走る年。提案も既存の枠や事例に囚われない、斬新なものも歓迎する

THEME 02

レッドイーグルス北海道

Ice Hockey

伝統あるスポーツを革新、
未開拓マーケットへ浸透させる

1877年のカナダで生まれ、現在では81カ国以上で楽しまれている歴史ある世界的スポーツ競技であるアイスホッケー。国内では1966年から実業団によるリーグ戦が開始されるなど、日本においても歴史があり特に北海道地域で盛んに楽しまれている。現在プロクラブチームは日本・韓国・ロシアの3か国のチームからなるアジアリーグアイスホッケーに所属しており国際的に活動。一方で主に若年層からの認知度や、歴史あるスポーツだからこそのDXの遅れなどの課題も顕在化。タッチポイントの増加の仕掛けなど新たな取り組みを推進し活性化につなげていく。

募集テーマ

  • 2~30代などの若年者層に
    向けた新たなタッチポイントの
    創出

    これまで接点の少なかった2-30代に会場に足を運んでもらうための仕掛けづくり
    スマホ等で自宅で観戦できるソリューション
    投げ銭サービスなど選手との距離感を近づけるコミュニケーションツール
    Webコンテンツに活用できる試合映像やインタビューなどの素材収集の効率化
  • 初心者の方でも楽しめる
    観戦体験価値の向上

    初めて試合観戦に来た方が、また来たくなる仕掛けづくり
    来場者に向けた、楽しみながらできるルールの把握や見どころの解説などのコンテンツ
    (ヘルメット着用競技のため)各選手の特徴やプロフィールを観戦しながらインプットできるソリューション
    来場者がスポーツ自体を体験できるようなコンテンツのアイデア・付加価値創出

Teamの強み・特徴

  • 北海道苫小牧市に拠点を持つ王子製紙のアイスホッケー部から
    プロチーム化した、1926年発足を起源とする歴史あるチーム
  • 一方で2021年4月よりクラブチーム化された、
    ビジネスという観点でもこれから新たな歴史を作っていくチーム

背景・課題

・企業の福利厚生の一環であった実業団からプロチーム化することで、チケット販売やスポンサー獲得といった興行による収益向上を目的とした組織へと今まさに変革途中のチーム
・ルールの認知やアイスホッケーという競技自体の浸透が必要である、新規ファンの獲得がより重要となるスポーツ

ASSET 活用アセット

オンライン・オフラインの融合が
非常に重要な、
北海道エリアでの社会実装へ

狭い範囲で都市や居住地が密集する首都圏等とは異なり、会場での観戦ハードル(物理的な距離等)もそれぞれのコンシューマーによって大きく異なる広大な大地、北海道。

来場・自宅観戦それぞれの価値の向上が今後のスポーツチームの成長には不可欠であり、裏を返すとオフライン・オンラインの融合価値を最も高められる地域とも言える。

様々な地場企業・団体による強力なサポートのもと、「スポーツ×〇〇」の新ビジネスの創出・社会実装を目指します。

提供:2025年日本国際博覧会協会

  • 01

    実証フィールド・データ提供

    ・試合やトレーニングの現場、各種イベント、選手やファンとのタッチポイント等のリソース提供
    ・グッズや飲食販売、チケット売り場、客席等、実際のスタジアム施設の活用
    ・試合、動員、ファンクラブ会員、スタジアムでの飲食販売、グッズ購買、コンテンツ等の各種データの提供 など

  • 02

    プロモーション機会の提供

    ・スポーツチームのロゴやマスコットキャラクター、選手、各種コンテンツなどのIP(知的財産)の活用
    ・試合やイベント会場、HPや公式SNS等を通じたプロモーションの実施
    ・各種メディア、スポーツ庁、運営パートナーによるマーケティング支援 など

  • 03

    ビジネスの社会実装に向けたサポート

    ・スポーツビジネス、ヘルスケア、エンターテインメント、事業開発、オープンイノベーション、マーケティング、ファイナンス等の各領域のスペシャリストによるメンタリング
    ・豊富なリソースを保有するサポーター企業・団体による実証・実装に向けたインキュベーション支援
    ・スポーツ庁、サポーター、メンター、運営パートナーのコネクションを活用したスポーツ領域での各種ネットワーキング
    ・本プログラムでの事業検証費用のサポート(1地域・エリア内で最大300万円を上限に支給)
    ・本プログラムに参画する他エリア、他ジャンルの競技のスポーツチームや団体への横展開 など

ORGANIZE 主催

SPORTS TEAM

  • LEVANGA
  • RED EAGLES

SUPPORTER

  • MTG Ventures
  • PLUS CLASS SPORTS INCUBATION
  • EBI LAB
  • パーソルキャリア
  • pwc
  • IBM blue hun
  • 住友生命
  • avex business developper
  • J.LEAGUE
  • tmi ASSOCIATES
  • CAMPFIRE
  • CAMPRIFE Startups
  • HALF TIME
  • FIGHTERS
  • Loco Solare
  • SATUDORA HOLDINGS
  • TOPPAN
  • 新ど研
  • 北洋銀行
  • 北海道新聞社
  • 北海道
  • SAPPORO

MENTOR

  • 藤田 豪

    藤田 豪

    株式会社MTG Ventures
    代表取締役

  • 平地 大樹

    平地 大樹

    プラスクラス・スポーツ・インキュベーション株式会社
    代表取締役インキュベーター

  • 常盤木 龍治

    常盤木 龍治

    パラレルキャリアエバンジェリス
    株式会社EBILAB
    取締役ファウンダー CTO CSO

  • 大浦 征也

    大浦 征也

    パーソルキャリア株式会社
    執行役員
    dodaエージェント事業部
    事業部長

  • 野口 功一

    野口 功一

    PwCコンサルティング合同会社
    常務執行役員 パートナー

  • 菅原 政規

    菅原 政規

    PwCコンサルティング合同会社
    ディレクター

  • 深田 昌則

    深田 昌則

    SUNDRED株式会社 
    パートナー

  • 岸本 拓磨

    岸本 拓磨

    日本アイ・ビー・エム
    株式会社
    フューチャーデザイン
    ラボ
    チーフプロデューサー

  • 藤本 宏樹

    藤本 宏樹

    住友生命保険相互会社
    上席執行役員 兼 新規ビジネス企画部長 兼 SUMISEI INNOVATION FUND 事業共創責任者

  • 星野 拡

    星野 拡

    エイベックス・ビジネス・ディベロップメント株式会社
    役員付 チーフプロデューサー 兼
    新事業開発グループ スポーツ&
    エンタテインメントユニット
    マネージャー

  • 鈴木 順

    鈴木 順

    公益社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)
    社会連携室 室長

  • 栗山 陽一郎

    栗山 陽一郎

    TMI総合法律事務所
    パートナー弁護士 

  • 神武 直彦

    神武 直彦

    慶應義塾大学大学院
    システムデザイン・マネジメント研究科 教授

  • 照井 翔登

    照井 翔登

    株式会社CAMPFIRE
    CAMPFIRE事業部
    アライアンス担当

  • 田中 駆

    田中 駆

    株式会社CAMPFIRE Startups
    取締役
    経営戦略室長

  • 前沢 賢

    前沢 賢

    株式会社北海道日本ハムファイターズ 取締役
    株式会社ファイターズ スポーツ&エンターテイメント取締役
    事業統轄本部長 

  • 本橋 麻里

    本橋 麻里

    一般社団法人ロコ・ソラーレ
    代表理事

  • 富山 浩樹

    富山 浩樹

    サツドラホールディングス株式会社
    代表取締役 社長 兼 CEO

  • 藤間 恭平

    藤間 恭平

    株式会社D2 Garage
    ビジネスデベロップメントマネージャー

  • 福田 拓哉

    福田 拓哉

    九州産業大学
    人間科学部スポーツ健康科学科
    准教授

運営PARTNER

  • 株式会社北海道二十一世紀総合研究所
  • SPOPLA
  • 北海道経済産業局

ORGANIZE

  • スポーツ庁
  • eiicon

SCHEDULE スケジュール

  • 2021/9/15

    ENTRY START

  • 2021/9/29

    プログラム説明会

    ONLINE
  • 少しでもプログラム参加にご関心の
    ある方は、お気軽にご参加ください。

  • 2021/10/15

    応募締切

  • 選抜

  • 2021/11/12
    -11/13

    INNOVATION LEAGUE
    SPORTS BUSINESS BUILD

  • 2日間で共創ビジネスアイデアを
    ブラッシュアップし、
    事業の骨組みまで創ります。

    日時:2021/11/12(金)・11/13(土)
    場所:札幌市内にて開催予定

    ※COVID-19等の状況により、
    オンラインでの開催の可能性もあります。
  • 2021/11~

    INCUBATION

    BUSINESS BUILDにて採択された
    事業アイデアは
    メンター・サポーター企業とともに
    社会実装に向けたインキュベーション・実証実験を進めます。

  • 2022/2

    DEMO DAY

    社会実装・事業化へ

プログラム説明会申込

説明会では、本プログラムの内容詳細についての説明のほか、質疑応答も広く受け付けます。
少しでもプログラム参加にご関心のある方は、お気軽に下記よりお申込みください。

【開催概要】

  • 日時:2021/9/29(水)17:00~

  • 会場:オンライン開催

参加申込

FAQ よくある質問

複数エリア、複数チームに
またがってのエントリー・提案は
可能ですか?
可能です。その場合はお手数ですが、エリア毎・チーム毎にフォームより提案内容の入力・エントリーをお願いいたします。
複数社による合同チームでの
エントリー・提案は可能ですか?
可能です。その場合は1社が代表してフォームより提案内容の入力・エントリーをお願いいたします。
(その際に、合同でエントリーいただく企業の情報もご記載ください。)
BUSINESS BUILD参加にかかる
渡航費は支給されますか?
書類選考を通過した企業に対して、BUSINESS BUILDにご参加いただく渡航費(往復交通費・2日分の宿泊費)を1社(複数社合同の場合は1チーム)につき2名分までは事務局より支給させていただきます。(支給金額の上限設定あり)
事業検証費用のサポートは
どのように支給されますか?
採択されたビジネスプランの実証・実装にかかる費用をサポートする目的で、1エリアあたり最大300万円を上限に支給させていただきます。(採択事業数や事業内容によって1プロジェクトあたりの支給額は変動いたします。)
2021年度中の実証・実装内容にかかる費用に対して事務局と協議の上、支給額を決定させていただきます。
サポーター・メンターの役割は
何ですか?
サポーターは本プログラムで採択されたビジネスプランの実証・実装時に、各種リソース提供による支援協力をしていただきます。
メンターはBUSINESS BUILD当日や採択後の実証・実装時に、各領域の専門的なビジネスメンタリングによる支援協力をしていただきます。
本プログラムを通じて生まれた
新規事業・ビジネスプランに
関する
知的財産の取り扱いは
どうなりますか?
エントリー及びBUSINESS BUILD当日の提案内容に含まれる知的財産権は、参加者に留保されるものとします。
また、各参加者のビジネスアイデアは許可無く公開することはありません。
BUSINESS BUILD採択後のビジネスプランの実証・実装時の権利に関する取り扱いについては、スポーツチーム・採択企業・サポーターなど各プロジェクト内での当事者同士で協議の上、決定していただきます。

ENTRY エントリー

応募締切

2021年10月15日(金)

応募資格

  • プロダクトや技術をお持ちで、アイデアの
    事業化に取り組むことのできる法人/チーム (企業規模は問わない)
  • 2021/11/12(金)・11/13(土)開催の
    BUSINESS BUILDに2日間終日参加できる方

INNOVATION LEAGUE SPORTS
BUSINESS BUILD・他募集地域

  • 関西

    募集テーマを見る
  • 中国

    募集テーマを見る
  • 沖縄

    募集テーマを見る
本プログラムに関するご質問・お問い合わせや
ご不明点がある方は、
local-SOIP@eiicon.netまで
お気軽にお問い合わせください。