株式会社カインズは、2020年1月、IT小売企業への変革を加速させる新たなビジネスを開発する拠点として、東京・表参道に「CAINZ INNOVATION HUB(カインズ イノベーションハブ)」を開設したと発表した。


「CAINZ INNOVATION HUB」新設の背景

同社は2019年度からの3カ年中期経営計画「PROJECT KINDNESS」を確実に成果につなげるため、2019年度を「土台づくりの年」と位置づけている。特に、戦略の柱のひとつ「デジタル戦略」では、デジタル・アドバイザリーボードの設置や、米国・シリコンバレーでのCVC設立など、国内外における最先端のテクノロジーを享受できる体制整備に力を入れている。また、「Find in CAINZ」や「CAINZ PickUp Locker」など、顧客の買い物体験を向上するデジタル施策も推進中だ。

「CAINZ INNOVATION HUB」は、エンジニアやデザイナーが自由でオープンな環境の中で、デジタル変革を促し、多種多様な人や情報が集まるハブとしての役割を担うデジタル拠点だ。また、デジタルツールの開発という役割にとどまらず、「IT小売企業」としての情報発信を行う場に進化させていく予定だ。

今後もカインズは、デジタルトランスフォーメーションを加速することで、小売業界における競争優位を確立し、人々の豊かなくらしづくりに貢献していくという。


「CAINZ INNOVATION HUB」の概要

●拠点名:CAINZ INNOVATION HUB (カインズ イノベーションハブ)

●所在地:東京都港区北青山3丁目6番26

●開設日:2020年1月中旬


※関連リンク:プレスリリース

(eiicon編集部)