大鵬薬品工業株式会社は、ヘルスケア領域の国内スタートアップ企業に対して出資を行うコーポレートベンチャーキャピタル「大鵬イノベーションズ合同会社」を設立したことを発表した。

大鵬イノベーションズは、革新的な新薬の研究開発や創薬基盤技術の開発を行っている創業検討段階を含む国内の有望なスタートアップ企業に対して、インキュベーションや事業成長を支援する。また、社内で研究開発中の化合物などの社外活用も目指し、インバウンド、アウトバウンド双方向のオープンイノベーションを推進していく。大鵬イノベーションズの当初の投資規模は10億円。

大鵬イノベーションズは、2016年に大鵬薬品が設立したTaiho Ventures, LLC(以下「大鵬ベンチャーズ」)に続く2番目のコーポレートベンチャーキャピタル。オンコロジー領域を中心とした国内外のバイオベンチャーを対象に投資を行う大鵬ベンチャーズに対し、大鵬イノベーションズは国内の医療関連領域、コンシューマーヘルスケア領域に加え、異業種との連携による新たなヘルスケア領域において、法人設立検討段階を含む早期ステージからの共創を目的に投資を行う。

大鵬薬品は、新規事業を社内外から継続的に創出することを目的に、恒常的なイノベーションの創造と活用に向けた取り組みを進めている。今後は、大鵬イノベーションズの投資で構築されたネットワークから得られた独創的・革新的な技術や創薬シードも活用し、さらなる創薬力の強化を図る。そして、国内イノベーションの推進を通じて、持続可能な社会の実現に貢献していくという。  


※関連リンク:プレスリリース

(eiicon編集部)