西日本電信電話株式会社 静岡支店(以下、NTT西日本)、および株式会社NTTフィールドテクノ 東海支店(以下、NTTフィールドテクノ)は、静岡県焼津市にて、AIを活用した道路路面状態の診断に関する実証実験を行うと発表した。実験開始は、2019年7月19日を予定している。


■背景

NTT西日本は、焼津市が掲げる「E-Government・YAIZU」の実現に向け、「ICTの利活用による地域活性化等に関する連携協定」を締結し、市民サービスの向上および地域産業の活性化に貢献するとともに、社会の抱える課題解決に向けたICTソリューション提案を行っている。

今回の道路路面診断ソリューションに関する実証実験は、「E-Government・YAIZUプロジェクト」の一環だ。広範囲な道路の点検、診断にかかるコストや労力の削減、老朽化が進行する道路の適時適切な維持・修繕による予防保全型管理を目指して、NTT西日本が提案してきたソリューションだ。今回、従来提供している道路路面診断ソリューションに、焼津市の要望である「外側線かすれ診断」をプラスしたサービスとして、NTTフィールドテクノが提供する。


■実証実験の概要

本実証実験では、道路路面性状に関する「データ収集」「データ解析・診断」「解析・診断結果の視える化」をワンストップで提供することを目指して実施する。

(1)路面性状診断のコスト低減

道路点検手法を効率化・自動化し、ひび割れ率等の路面性状を示す指標値の算出、および外側線のかすれ状況の調査結果(※)を低価格で提供することを目指す。

※外側線のかすれ状況については、焼津市の独自要望

(2)AIを活用した点検業務の効率化・自動化

点検員が実施する目視や手作業による路面点検時の課題である、点検員毎の判断のばらつきや業務稼働の低減を目指す。

(3)地図表示を活用した直感的な損傷状況・箇所の把握

道路路面性状の解析・診断結果をクラウド地図上に可視化して提供。これにより損傷状況や異常箇所の確認を容易にすることを目指す。


■各社の役割分担

●NTT西日本……ICTやAIにかかわる先進技術・ノウハウの提供による本ソリューションの企画、提案

●NTTフィールドテクノ……「道路路面診断ソリューション」の提供


※関連リンク:プレスリリース

(eiicon編集部)