eiiconが6/4〜6/5の二日間にわたって開催する、日本におけるオープンイノベーションの祭典「Japan Open Innovation Fes 2019」(JOIF2019)。――【「   」 × オープンイノベーションで加速する世界】と題し、オープンイノベーション活用において広がる世界を徹底的に見つめる本イベントの「DAY2」を速報レポートする。(「DAY1」の速報はコチラ

多くの有識者や経営者が集結し、それぞれの専門分野におけるオープンイノベーションについて語ったセッションや、経済番組の司会も務めるロンドンブーツ1号2号 田村淳氏が参戦したスタートアップピッチの模様をお届けする。(※JOIF2019の詳細レポートについては後日eiicon labにて掲載予定)

▲DAY2にも多数のオープンイノベーション担当者や新規事業担当者が来場し、交流を深めた。JOIF2019は二日間で約1000名が来場した。


▲DAY2では、eiicon labの人気連載イノベーション4コマ漫画コラムの展示も行われた。(写真は作者である瀬川秀樹氏)


■SESSION6 [ スマートシティ×オープンイノベーション ]

<SPEAKERS>

■KDDI株式会社 ライフデザイン事業企画本部 ビジネスインキュベーション 推進部長 KDDI∞Labo長中馬 和彦氏

■JR 東日本スタートアップ株式会社 営業推進部 マネージャー 阿久津 智紀氏

BSテレ東「田村淳のBUSINESSBASIC」で共演したKDDI・中馬氏、JR東日本スタートアップ・阿久津氏、eiicon代表・中村が再度集結。生活インフラを支える通信大手、交通インフラを担う鉄道会社、企業同士をマッチングさせるeiiconという三者が、新時代のスマートシティについて語るセッション。「田村淳のBUSINESSBASIC」では話せなかったオープンイノベーションのリアルな“壁”から、2030年・2050年の未来の「街」の姿についてなど、活発な意見が行き交った。


■SESSION7 [ イントレプレナー×オープンイノベーション ]

<SPEAKERS>

■寺田倉庫 専務執行役員 月森 正憲氏

■株式会社NTTデータ イノベーション推進部 オープンイノベーション事業創発室 室長 残間 光太朗氏

■森永製菓株式会社 新領域創造事業部 チーフマネージャー/株式会社SEE THE SUN 代表取締役社長 金丸 美樹氏

社内アセットを利用しながら、イノベーションを起こす「イントレプレナー」である3名が登場。イントレプレナーとしてのターニングポイントについて、そして外に出ず、自社内でアントレプレナーシップを持って走り続けている理由など、3名の具体的な体験談を交えたセッションとなった。


■SESSION8 [ 投資×オープンイノベーション ]

<SPEAKERS>

■東京放送ホールディングス 総合戦略局 投資戦略部 部長 兼 TBSイノベーション・パートナーズ 代表片岡 正光氏

■株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ 代表取締役社長 稲川 尚之氏

オープンイノベーションの実践手段として、アクセラレータプログラムなどと並び標榜される「コーポレート・ベンチャー・キャピタル(CVC)」。その第一線で活躍されているTBSイノベーション・パートナーズ 片岡氏、NTTドコモ・ベンチャーズ 稲川氏をお招きし、「CVCのメリット・デメリット(失敗談と成功体験)」や「CVCを立ち上げるべきタイミングやフェーズ」などについて語っていただくセッションとなった。


SESSION9 [ テクノロジー×オープンイノベーション ]

<SPEAKERS>

■株式会社浜野製作所 代表取締役 CEO 浜野 慶一氏

■株式会社Shiftall 代表取締役 CEO 岩佐 琢磨氏

■glafit株式会社 代表取締役 CEO 鳴海 禎造氏

東京・墨田区の町工場であり、スタートアップの支援も手がける浜野製作所、パナソニック傘下でIoT冷蔵庫などユニークなプロダクトを提供するShiftall、革新的な電動バイクを生み出したglafitの3者が集結。第一線で活躍する各社の代表が、「モノづくり×オープンイノベーション」の可能性について語るセッションとなった。


■SESSION10 [ 未来×オープンイノベーション ]

<SPEAKERS>

■株式会社CAMPFIRE 代表取締役社長 家入 一真氏

■株式会社ユーグレナ 取締役副社長 リアルテックファンド 代表 永田 暁彦氏

オープンイノベーションが浸透し、広がる未来。そこにはどんなビジネスが生まれ、どのような世界が待っているのか。新しいビジネスに着手し、時代を切り拓いてきた株式会社CAMPFIRE 家入一真氏、ユーグレナ/リアルテックファンド 永田氏をお招きし、「日本の未来(2030・2040・2050)がどうなるか?」について、さまざまな視点で語っていただいた。


STARTUP PITCH

7社のスタートアップがプレゼンテーションを繰り広げる「STARTUP PITCH」には、シークレットゲストとしてロンドンブーツ1号2号の田村淳氏が登場!田村氏が司会を務める経済番組「田村淳のBUSINESSBASIC」にeiicon代表・中村が出演した縁から、今回のゲスト出演が決定。“マッチングおにいさん”として、スタートアップと審査員である事業会社をつないだ。

なお、この「スタートピッチ」は、共創パートナーとして名乗りを上げた事業会社の決裁者が審査員。「興味あり!」 or 「組みたい!」、ふたつの札を持ち、その場でビジネスシーズを創出するリアル共創ピッチとなった。


<共創パートナー>

■株式会社アマナ

■KNT-CTホールディングス株式会社

■KDDI株式会社

■住友生命保険相互会社

■住友不動産株式会社

■凸版印刷株式会社

■日本郵便株式会社

■JR東日本スタートアップ株式会社。事業会社の決裁者が集結!


<登壇したスタートアップ7社>

■株式会社Shinonome

提携大学への世界最先端IT教育の提供及びソフトウェア研究を通して様々な企業とテクノロジー共創プロジェクトを展開。

■ムーバクラウド株式会社

10cm級の屋内位置情報サービス「MovaLocation」、キッティング自動化サービス「MovaKitting」などの提供を行う。

■ストックマーク株式会社

自然言語処理技術に特化し、商談メモやニュースを解析し組織変革や働き方改革を支援するサービスを開発・運用。

■株式会社Catalu JAPAN

店舗の遊休スペースの収益化を目指す店舗と自社製品の認知度向上・良さを消費者に直接伝えたい製造業者をつなぐプラットフォーム「カタルスペース」を展開。

■Datumix株式会社

強化学習を軸にしたAIベンチャー。ビジネスへの応用事例が非常に少ない強化学習の社会実装を実現する。

■株式会社レスティル

自社開発の折畳型IoTデリバリーボックス&アプリ「ポスケット」で“地産地消型”の流通システム創出を目指す。

■株式会社プレイド

CXプラットフォーム「KARTE」を展開・運営。CX特化型メディア「XD」をCXカンファレンス「CX DIVE」も主催。


「スタートアップピッチ」の最後には田村淳氏が優秀賞を選出。――Datumix株式会社がその栄誉に輝いた。

(構成・取材・文:眞田幸剛、撮影:齊木恵太)